製薬企業ニュースリリースPickup 2021年4・5月版

NewsPickupサムネイル

Medinewが毎月作成している「製薬企業オウンドメディア定期レポート」に登場する各製薬企業が2021年4月、5月に配信したニュースリリースの中から、デジタル・プロモーション、社会貢献を中心にピックアップしたニュース記事をお届けします。
※前月のオウンドメディアレポートTOP 19の中から、50音順にリストアップ

■エーザイ株式会社

エーザイと伊藤園による認知症との共生と予防に向けた業務提携について

2021年5月31日

エーザイ株式会社と株式会社伊藤園は、健康長寿社会の実現をめざし、認知症との共生と予防に向けた取り組みに関する業務提携契約を締結した。
両社は本提携を通して、エーザイの認知症領域における創薬活動や疾患啓発活動の豊富な経験知ならびにデジタル技術をはじめとするソリューション施策と、伊藤園の地域密着の営業活動を通じた顧客ネットワークや抹茶に対する豊富な研究に基づく認知機能に関する課題解決プロジェクトを融合させ、認知症という社会課題の解決に貢献することを目指すとしている。具体的な取り組みは以下の通り。

  • ソリューションパッケージの提供
  • 脳の健康に着目した商品セットの提供
  • 伊藤園主催イベントやキャンペーン等でのブレインパフォーマンスチェックの機会提供
  • 企業検診での活用に向けた伊藤園社内でのブレインパフォーマンスチェックのトライアル導入

https://www.eisai.co.jp/news/2021/news202138.html

■大塚製薬株式会社

東京都スポーツ推進モデル企業(実践部門)に初選定

2021年4月15日

大塚製薬株式会社は、社員のスポーツ活動の促進に向けて優れた取り組みなどを実施している企業として、東京都から「東京都スポーツ推進企業」に6年連続で認定された。さらに、認定企業のうち「東京都スポーツ推進モデル企業(実践部門)」に初選定された。
「東京都スポーツ推進企業」とは、社員のスポーツ活動の促進に向けて優れた取り組みやスポーツ分野における支援を実施している企業等を東京都が認定する制度。そして「モデル企業(実践部門)」とは、東京都スポーツ推進企業のうち、特に社会的な影響や波及効果の大きい取り組みを実施している企業等を選定するものである。
2020年度は外出機会が減る中での体調管理の新しい取り組みとして、大塚製薬では従来から実施していたオフィス内リフレッシュ体操をリモートワーク中にも実施できるようオンラインで限定公開した。ほか、スマートフォン向けのアプリを用いたウォークラリーの開催など、新しい生活様式にも対応した運動機会を提供することで、社員やその家族の運動継続と健康維持・増進をサポートしてきた。

https://www.otsuka.co.jp/company/newsreleases/2021/20210415_1.html

■大日本住友製薬株式会社

XRの医療応用に関する情報発信およびVRを活用した新たな情報提供活動開始に関するお知らせ

2021年4月1日

大日本住友製薬株式会社は、医療関係者向けサイトにおけるXRの医療応用に関する情報発信およびMRによるVRを活用した新たな情報提供活動を開始。医療関係者とのコミュニケーションの円滑化を目的としたXR(Extended Reality:仮想空間技術の総称)活用の取り組みの一環として実施する。

  1. 医療関係向けサイトでの「medical XR – 最新技術によって実現可能になる医療-」の公開
    …医療分野で活用されているXRの最新事例や論文、各技術の特徴などを随時紹介する。
  2. MRによるVRを用いた情報提供活動の開始
    …2021年4月よりパーキンソン病およびレビー小体型認知症の情報提供において、MRによるVRを用いた情報提供活動を展開する。

https://www.ds-pharma.co.jp/ir/news/2021/20210401-2.html

■中外製薬株式会社

中外製薬、本年も世界血友病デーに賛同し、血友病への理解促進を目指して社内外で疾患啓発活動を実施

2021年4月8日

中外製薬株式会社は、世界血友病連盟(WFH: World Federation of Hemophilia)が推進する世界血友病デーの趣旨に賛同し、昨年に引き続き社内外で疾患啓発活動を展開すると発表した。
世界血友病デーは、血友病をはじめとする先天性出血性疾患のコミュニティの連帯を促す日であり、疾患への理解の向上や、より良い治療の実現などを目的としている。本年は、“Adapting to Change(変化への適応)”をテーマに、世界各地でさまざまな活動が展開される。
中外製薬では、専門医によるラジオ対談(全国6地区)、ストーリーを楽しみながら運動できるダンス漫画の公開、また、血友病の方を招いた社員向け講演会を実施予定。

https://www.chugai-pharm.co.jp/news/detail/20210408113000_1098.html

■日本イーライリリー株式会社

アジア最大級の LGBT+関連イベント「東京レインボープライド 2021」に初協賛
社員主導によりダイバーシティ&インクルージョンをより一層加速

2021年4月20日

日本イーライリリー株式会社は、アジア最大級のLGBT+関連イベントである「東京レインボープライド2021」(開催日:2021年4月24日~5月5日)に協賛した。本イベントへの協賛は、日本イーライリリーの社員リソースグループの1つであるAlly(アライ)が本イベントの主旨に共感し、社外イベントへの参加を通した社員のLGBT+の理解促進や互いに働きやすい職場づくりを目指し提案したことで決定した。
日本イーライリリーのLGBT+に関連する取り組み事例は以下などが挙げられる。

  • 2020年に社長や役員を含む社内の有志によるLGBT+など性的少数者をサポートする社員リソースグループ、Allyが発足。社内でのLGBT+に関する理解促進を図り、性的指向や性自認にかかわらず全ての社員が働きやすい職場づくりをリードし、外部スピーカーによる社内セミナーやトレーニングプログラムを企画・実施(2021年3月末現在、Allyには200名在籍)
  • 社内規定における「配偶者」の定義を「パートナー」に変更(2019年)
  • D&Iの推進に貢献した社員を表彰する「ダイバーシティ&インクルージョンアワード」を毎年開催
  • 上記イベントや情報などを適宜社内ニュースとしてイントラネットに共有。また、全社コミュニケーションミーティングでD&I活動の共有・啓発を実施

https://news.lilly.co.jp/down2.php?attach_id=774&category=19&page=1&access_id=2119