【PR】無料DL|「論文情報データベースの活用ガイドブック」~論文情報を活用した製薬企業のデータドリブン・マーケティングについて~

医療用医薬品のマーケティングやセールスでは、様々なデータが活用されています。既存顧客に加え、見込み顧客、潜在顧客に関する様々なデータを収集・蓄積し、分析することで、より効果的な施策の実現が可能となります。顧客関係管理(CRM/Customer Relationship Management)やマーケティングオートメーションなどのデジタルツールの普及も、データの利用を後押ししています。

データに基づいて顧客理解を深めることは、マーケティング・セールスの客観性・精度向上につながります。異動や退職などで担当者が交代した場合も、データで管理し、引き継ぐ体制を構築すれば、組織力の強化に結び付きます。今後、意思決定を属人的な経験や勘に頼るのではなく、データをもとに判断して実行する「データドリブン・マーケティング」は、製薬業界においてますます定着していくでしょう。

本ガイドブックでは、データドリブン・マーケティングを推進する上で、重要なデータとなる論文に焦点を当て、株式会社医薬情報ネットが開発・提供している「論文情報データベース」の概要および医薬品マーケティングにおける活用方法について紹介いたします。

医薬品マーケティングにおける学会情報データベースの活用ガイドブック/全12P

  1. データドリブン・マーケティングの推進に向けて
  2. 実際の業務で論文データを活用するには
  3.  「論文情報データベース」について
  4. 「論文情報データベース」を活用する
    ①MRディテーリング活動、メディカル活動
    ②医師ターゲティング
    ③医師同士のネットワーク解析
  5. 終わりに

「医薬品マーケティングにおける論文情報データベースの活用ガイドブック」は、以下のフォームよりお申込みいただけます。

▼「学会情報データベース活用ガイドブック」は以下の記事よりダウンロードいただけます
【PR】無料DL!医薬品マーケティングにおける学会情報データベースの活用ガイドブック