【DL資料あり】SCUEL DATA REPORT 「透析予防診療チーム」がいる医療機関の分布データ【世界糖尿病デー】

ミーカンパニー株式会社が提供する医療業界のオープンデータを集約した「SCUELデータベース」から、毎回異なるテーマでレポートを作成。ダウンロード資料として、みなさまにお届けします。
今回は、11月14日の世界糖尿病デーに関連し、日本糖尿病学会の「糖尿病治療ガイド」などに基づきチームで診療・指導を行う「透析予防診療チーム」の地域ごとの分布データをまとめ、ホワイトペーパーとして作成しました。

記事最下部のフォームよりホワイトペーパーをダウンロードいただけます。

11月 14日 は、世界糖尿病デー ~ 6人に一人が糖尿病の疑い?

2021年はインスリン発見から100周年。現在、日本国内で糖尿病と強く疑われる人と、可能性を否定できない人の合計は約2,000万人以上と言われています。6人に1人が糖尿病、もしくはその予備軍であることがわかります。※1

「透析予防診療チーム」という心強い治療体制

「透析予防診療チーム」は、医療機関でチームで診療を行います。糖尿病性腎症の予防指導に従事した経験を持つ、専任の医師、専任の看護師(保健師)及び管理栄養士で構成され、日本糖尿病学会の「糖尿病治療ガイド」等に基づき指導を行います。

厚生労働省は、糖尿病性腎症の患者が重症化し、透析導入となることを防ぐため、進行した糖尿病性腎症の患者に対する質の高い運動指導を、「透析予防診療チーム」で行うための施設基準~糖尿病透析予防指導管理料(糖防管)を設けています。

BIツール(無償公開)|あなたの街に「透析予防診療チーム」はいますか?

「透析予防診療チーム」がいる医療機関(糖尿病透析予防指導管理料を届け出ている)を、地域ごとに可視化しました。
こちらからデータを確認

SCUELBI糖尿病透析用指導管理料届出医療機関

あわせて、糖尿病のお薬の経年変化も可視化いたしました。過去の新薬の登場による院外処方薬の移り変わりがわかります。
こちらからデータを確認

SCUEL糖尿病新薬の移り変わり

糖尿病透析予防指導管理料の届出が無い医療圏 全国に1割強

【糖防管】:透析予防指導管理料の医療機関が無い二次医療圏は次の通り。
(36二次医療圏/全335二次医療圏)

透析予防指導管理料の医療機関のない二次医療圏

※1(参考)令和元年国民健康・栄養調査(https://www.mhlw.go.jp/content/000710991.pdf


ホワイトペーパーでは、以下の数値を掲載 

施設基準:糖管:糖尿病合併症管理料
     糖防管:糖尿病透析予防指導管理料
二次医療圏別 上記施設基準を届出ている 医療機関数

データの注意点

本レポート:地方厚生局開示情報の集計(2021年 9月時点)
人口当たりの算出:2021年1月時点の住民基本台帳の総人口を使用

▷関連データセットはこちら

以下フォームに必要事項をご記入の上送信いただきますと、ホワイトペーパー【SCUEL DATA REPORT vol.16 〜世界糖尿病デー〜 あなたの街に「透析予防診療チーム」はいますか】をダウンロードいただけます。

▷記事提供元はこちら
SCUEL:https://scuel.me/
SCUEL DATA:https://scueldata.me/