Museが最新の「脳感知」瞑想ヘッドバンドをリリース

0

最新バージョンは脳信号、心拍および呼吸パターンを感知することができます。

着用者の瞑想に役立つ『脳感知』ヘッドバンドのMuseで最もよく知られるインターラクソンは、10月30日朝、次世代のデバイスをリリースしました。
最新の製品はMuse2といい、ユーザーの額に装着して、瞑想データを提供するスマートフォンアプリに繋がります。
以前のバージョンと同様に、心拍数モニターが鼓動を感知するようにEEGセンサーを通して脳信号を測ることができます。

体の状態も把握

このアップグレードによって、瞑想中も呼吸パターンと心拍数を感知し、ユーザーのスマートフォンに結果を送ることができるようになりました。
特徴は、ユーザーの心拍数を計測し、瞑想を促す様々な音の『なめらかなドラムビート』に変換する機能です。
これはユーザーが自分の内面に触れることを助け、脳活動を『天気の音』へ変換します。

瞑想の効果

瞑想は何千年も前から行われていましたが、現代医学が注目し始めたのはごく最近です。
メイヨークリニックによれば、瞑想はストレスと緊張を軽減します。
過去の検証では不安症、がん、慢性疼痛、うつや高血圧の症状の管理に役立ちました。
瞑想には、呼吸法の他、祈ったり歩いたりする幅広い方法があります。
Museや他のたくさんのアプリのような、電子空間とツールに目を向ける人もいます。

プロジェクトのはじめに287,000ドルを調達してから2年後の2014年、Museは正式に脳感知ヘッドバンドを発表しました。
個人の利用以外にも、Museは痛み、PTSD、疲れなどの他、マインドフルネスや瞑想の研究者に加えて、100を超える病院や大学での脳の調査に使われています。

加速する瞑想ビジネス

9月に同社は、40人の専門家の指導が受けられる瞑想アプリで知られるMeditation Studioの買収を発表しました。
別のデジタル瞑想分野の大手Headspaceは6月、最終的にFDAの認可を得る目的で瞑想アプリの無作為管理試験を行っていると発表しました。
Headspaceも9月に個別化と会話型製品を開発するため、音声AIシステムのAlpine.AIを9月に買収しました。

心拍と呼吸パターンをスマートフォンで管理できることで
個人のユーザーが流行中の瞑想をより実践しやすくなるでしょう。
最新のストレス対策法として要注目です。

ニュース元:https://www.mobihealthnews.com/content/muse-releases-newest-version-brain-sensing-meditation-headband

画像引用元:https://choosemuse.com/

(Visited 56 times, 2 visits today)
Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です。 メディア事業も行っております。

Comments are closed.