アフリカを医療でつなぐ、遠隔医療簡易サービス「Kangpe」

0

現在アフリカでは、モバイルテクノロジーによりアフリカ大陸全体の医療環境を急激に変化させています。
人里離れた村まで医師が行かなくても、携帯電話を使った遠隔医療により、多くの地域をカバーしています。
遠隔医療を提供している企業の中から、Kangpe Health社の取組みを紹介します。

遠隔医療簡易サービス「Kangpe」

Kangpe Health社は、簡単な相談であれば10分以内に医療スタッフが回答してくれるサービス「Kangpe」を低価格で提供しています。
この医療サービスは、スマートフォンではないフィーチャーフォンでも利用が可能なため、多くの利用者が見込めます。
「Kangpe」は、チャット式で質問することができます。
質問は頭痛、咳など日常的なものから、高血圧、糖尿病、性感染症など多岐にわたります。
内容により、専門的なアドバイスが必要と判断された場合、専門医を紹介してくれます。

広がる遠隔医療簡易サービス

現在アフリカには、経済的に成長し、テクノロジーが急速に普及してきている国々があるため、
潜在的顧客を獲得するチャンスがあると、多くの企業が参入しています。
「Kangpe」のような遠隔医療簡易サービスは、アメリカからDoctor on DemandやFrist Opinionが、
地元ケニアからMedAfrica、ウガンダのMatibabu、アフリカ10カ国で展開するHello Doctorなどがあります。
「Kangpe」はガーナとケニアで提供しており、この地域の人口は2億4500万人にも登り、
すでに6万人ものユーザーが登録しています。
「Kangpe」はFacebookとのパートナーシップにより、さらに注目を集め、成長が期待されます。

ニュース元:techcrunch
Kangpe is a mobile service connecting Africa to healthcare

補足:kangpeサイト
https://www.kangpe.com/

Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です!

Comments are closed.