南カリフォルニア大学、スマートフォンのカメラを使用して患者の脈波速度測定で動脈硬化スクリーニングを可能に

0

※画像はイメージです。

現在、動脈硬化の測定には、MRIやトノメトリー法が用いられています。MRIが高額であることは有名ですが、トノメトリー法の測定に必要な機器の購入にも18,000ドルはかかってしまいます。
今回、南カリフォルニア大学の研究者が開発した測定方法(脈波速度を測定するアルゴリズム)は、スマートフォンのアプリを利用するだけなので、安価であることはもちろん、非侵襲的でもあることが大きな利点になります。

開発されたアルゴリズムによる精度

今回の研究では、“Intrinsic Frequency algorithm” (固有周波数アルゴリズム)により機械学習された知識に基づいた手法を採用しています。
そこで、米国マサチューセッツ州のフラミンガムで1948年から行われている虚血性心疾患の追跡疫学調査研究から、5,012例のデータセットを用い、正確性の検証を行いました。
結果、平均二乗誤差平方根(RMSE)により、参照モデルと比較して1.12m/secの脈波速度を測定できることが分かりました。これは、検査結果が高い信頼性を持つことを示しています。

今後の方向性は

今回の研究を主導した南カリフォルニア大学のNiema Pahlevan助教授は、この結果の正確性に満足しつつも、純粋なAIだけで検査を機能することはできないだろうと話します。
なぜなら、相関が高いときは、病気の患者のすべてを逃してしまう可能性があるからです。
まずは人との共存という観点で、よりよいスクリーニング環境を構築することから進められていくでしょう。

ニュース元:mobihealthnews
http://www.mobihealthnews.com/content/algorithm-highlights-cardiovascular-disease-using-smartphones-camera

Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です!

Comments are closed.