マーケティングにおける患者向けメッセージ作成のポイント3つ

0

ヘルスケアマーケティングの担当者は、患者のニーズと関心を理解し、最も効果的なチャネルを活用する方法を模索しながら、ニーズとチャネルを具体的に調整することが必要になります。
マーケティングの潜在的なチャネルには、社内マーケティング、外部マーケティング、ブランディング、インターネットマーケティング、広報などがあります。

これらのチャネルをどのように活用するのかは、ヘルスケアマーケティングを成功するために重要な部分ですが、これらのチャネルを通じ、患者が共鳴する正しいメッセージを作成することは、マーケティング戦略を成功させる上で不可欠な要素です。

メッセージ作成3つのポイント

ヘルスケアマーケティングにおいて、マーケティング担当者が患者の行動予測を用いてニーズを把握し、患者に製品のメリットを効果的に伝えるメッセージを作成、提供する必要がありますが、具体的に取るべき手法として重要なのは次の3点です。

1. 患者の共感を得られる感情的なメッセージを作成する

マーケティング担当者は、患者の苦痛、心配、恐怖、および期待を、最初に理解する必要があります。
患者が感じている詳細な感情を理解することが、患者の意思決定プロセスを理解することにつながるためです。

そして、この感情に沿ってメッセージを作成することで、患者からの共感が得られ、また、患者が不快であると感じるメッセージを素早く撤回する行動につなげることもできます。

2. 患者の視点を広げる

患者の現状に合わせたメッセージを提供することは重要ですが、共感が得られる以上の結果がなければ、実際に患者の選択行動に影響をおよぼすことができません。
つまり、適切な治療を受けている患者の視点を超えるメッセージの提供が必要です。

そのため、マーケティング担当者は、患者の治療プロセス全体を把握した上で、これからの治療に必要な方向性や医療情報を、患者に理解可能な言語で伝えることが、患者の視点を広げ、共感以上の結果が得られることにつながります。

3. ジャーニーマップを作り、各患者の疾患の全体像を把握する

ジャーニーマップとは、顧客が商品やサービスを理解し、実際に購入するまでの流れのことです。
これを疾患ごとに作成し、理解することは、患者にとって困難なポイントはどこなのか、重要な決定がいつなされるのか、といったことを事前に評価することができ、患者の治療サイクルに適切なタイミングでメッセージを送ることができます。

以上3点に関してのメリットを理解し、マーケティング担当者は製品の価値と目的を明確に伝えるために、患者へのメッセージを提供することが望まれています。

ニュース元:CustomerThink

Predicting Patient Behavior to Boost Healthcare Marketing

Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です!

Comments are closed.