HealtyWage、職場の減量意識を高める「Oay-for-Poud」

0

企業にとって、従業員の肥満は深刻な問題です。

生産性の低下、欠勤率の増加、医療費の上昇、健康保険料の上昇につながり、
企業は年間120億ドル以上の損失を被ると言われています。
厄介なことに、“ダイエット詐欺”が大きなビジネスになっており、
アメリカ人は毎年これら商品サービスに600億ドル以上を費やし、
利用者の多くは減量に失敗して逆に体重が増加する悪循環に陥っています。

ダイエット成功を促進させる要素

HealthyWage社は、「人が何故ダイエットを続けることが難しいのか」という理由と、
同時に標準以上にダイエット成功を促進させる科学的要素について研究してきました。
発表されたものは、例え少しの現金報奨でも減量プログラムの効果を3倍に増やすこと、
また人は持ち金が危険にさらされるとき、減量に成功できるようになること。
またSNSを使うことで、肥満の蔓延に大きな役割を果たし、肥満を反転するにも大きな役割も果たすことを立証した学術的研究も含まれていました。

すでにHealthyWage社は、Fortune 500の90社以上、
その他全米600以上の企業、病院、健康システム、保険会社、学校、地方自治体やその他の組織に対し、正式にプログラムを提供してきました。

HealthyWageが注力するポイント

HealthyWage社は、競い合わすことで意欲を高める「Friendlyコンペティション」が
ウェルネスプログラム成功を後押しすると考えています。

勝ちたい、負けたくない、脱落したくないという参加者の意欲によって、
失いがちな重要な2つの要素“始める理由” “続ける理由”を持つことができるようになります。

金銭面も重要で、インセンティブを与えるだけでなく、“損失回避”も必要になります。
米国医師会雑誌JAMAにて発表された研究結果では、減量に金銭的インセンティブがあるダイエットをした人は、それがない人よりも体重が減少し、目標を達成する傾向があり、さらに、自分のお金が損することが明確になると、それ自体価値ある目標となります。

人はお金がかかっているとき、ライフスタイルの変化と同じくらい重要なことと認識し、
成功するチャンスが大きくなります。

ニュース元:mHealthWatch

‘Pay-for-Pounds’ Contests Prompting Workplace Weight Loss

Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です!

Comments are closed.