データ、テクノロジーと医療はどのように関わるべきか

0

近年のデータ、テクノロジー、そして医療の関わり方が、医師の働き、製薬会社の市場、患者が医療システムに従事する方法を急速に変化させています。
この革命は、すでに大きな変化をもたらしている部分もありながら、未だ未知数である部分が大きいことも事実です。

医療におけるビッグデータ活用

ビッグデータに大きな価値があるのは間違いありません。
特に近年、今までであれば収集が難しかったような量、角度の高いデータも随時集めることが可能になっています。
このように今までよりも多くデータ・情報を持つことが可能になっている今、医療従事者はその情報を活かしてより良い行動を取ることが期待されています。
しかし、現実的には今現場はまだ混乱している状態です。

収集したデータにどのような意味があり、どのような関係性があり、どのような価値があるのか、といったようなことはまだ多くは判明していません。
しかもそれを調べるべきかどうかも判然としないことも多くあります。
もちろん医療従事者は最先端のデータや情報を知ろうとしていますが、実際の現場では10年前と同じシステムが使われているため、そもそも提供する環境が整っていないことが多くあります。

テクノロジーによる医療の向上

よりよい医療を求めて大きな病院へ通う、といった医療行動が、現在変化しています。
例えば小さな国にいたり、地域の小さなクリニックに通院していたとしても、テクノロジーの進化により、高品質の医療サービスが受けることが可能です。
物理的な距離が問題にならない環境が整いつつあります。
しかし、その革新に全ての医療サービスが対応できているわけではありません。

進化のためには患者側の対応も迫られる

データの活用やテクノロジーが進化することで、医療サービスはより良いものになることが期待されています。
ただ、そのためには医療従事者だけでなく、患者側もより多くの努力が求められることになります。
しかも、その多くの場合で、努力の割に得られる価値が低くなってしまうことも予想されています。
データやテクノロジーがもたらす文化的な変容にうまく対応することで、より大きな成果に繋げるためにも、医療サービスを提供する側の環境はもちろん、法律や保険制度も含めた総合的な環境の整備が待たれます。

ニュース元:MEDICAL MARKETING & MEDIA
http://www.mmm-online.com/sponsored/data-technology-and-medicine-how-they-intersect/article/519423/

Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です!

Comments are closed.