無料DL|製薬企業による患者向けプロモーションの方法と考え方

製薬業界が情報提供を行う相手には、医療従事者だけでなく、患者も含まれます。特に疾患啓発(DTC)に注力することで、患者へのブランディングができ、結果的に処方拡大・処方適正化にもつながると考えられます。
ですが、患者向けプロモーションは、成果が出るまでさまざまなハードルがあります。患者が求めている情報を分析し、患者が望む方法で情報提供を行うにはどうすればよいのか、苦労する製薬マーケティング担当者も多いでしょう。

Medinewでは、これまで公開してきたセミナーレポートの中から、製薬企業による患者向けプロモーションに関するレポートをピックアップし再編集しました。本資料では、以下の内容をまとめています。

  • 患者が製薬企業に求めている情報とその提供方法
  • デジタルとリアルを組み合わせた疾患啓発の方法
  • 患者経由で行う製薬マーケティングのやり方
  • シニア層へどうデジタルを活用した情報提供をするか など

製薬マーケティングにおける、患者向けプロモーションや疾患啓発のヒントが詰まっています。
以下フォームに必要事項をご記入の上送信いただくと、ダウンロードURLが届きます。ぜひ、ご覧ください。


ダウンロードいただける資料

製薬企業による患者向けプロモーションの方法と考え方
~製薬マーケティングにつながる疾患啓発とは~/全25P

【目次】

▶︎今、患者が製薬企業に求めているものとは?適切な情報提供の在り方を考える。
 |セミナーレポート

▶︎ペイシェントジャーニーに添った疾患啓発(DTC)におけるデジタル×リアルマーケティング活用の経験談
 |MDMD2021レポート

▶︎患者啓発にかかせない。シニアマーケティングの実態を業界トップランナー「ハルメク」から学ぶ
 |セミナーレポート

▶︎クリニックでの導入が急増中!WEB問診サービス開発医師による概況と事例紹介
 |セミナーレポート

ダウンロードフォーム