英ウィリアム王子、職場のメンタルヘルス促進のリーダーに

0

画像引用元:https://www.mentalhealthatwork.org.uk/

2018年9月上旬、雇用主と従業員双方へ向けた新しいサイトが公開されました。
職場のメンタルヘルス改善のための情報やツールへアクセスできます。

英国王室と職場のメンタルヘルスの関係

現在の英国王室は、職場におけるメンタルヘルスを促進する手段として、オンラインツールに注目しています。
今年9月に英ウィリアム王子は、雇用主と従業員がメンタルヘルスに関する情報やツールへアクセスできるウェブサイト『Mental Health at Work』を公開しました。
このウェブサイトは、メンタルヘルス、退役軍人、若者、および野生動物の問題に焦点を当てた王室のジュニアメンバーが運営する慈善団体、ロイヤル財団が支援しています。

ウィリアム王子の意気込み

ウィリアム王子は
「Mind(メンタルヘルス支援のチャリティー団体)がこのような貴重なツールを作ることをロイヤル財団が支えてくれ、とても嬉しく思います。
ビジネスオーナー、チームリーダー、製造責任者、人事部で働いている人、または皆が幸せに働ける職場にしたいと願っている人でも、『Mental Health at Work』は役立ちます」
と述べました。
また、「このツールは働き方を大きく変える出発点になるでしょう。
企業は『良好なメンタルヘルスは労働に不可欠である』と確信する違いありません。
毎日生活の中でも職場は重要な位置を占めますし、とても大きな変化の原動力になるでしょう。」
とも言っています。

ウェブサイトには、メンタルヘルスの問題へ対応するためのツールがあります。
いくつかのツールは経歴に重点をおいています。
たとえば、金融部門や、健康管理部門で働くの人のためのものなどです。
一方、明るい職場文化の促進や製造責任者向けのヒントなど、一般的なツールも用意されています。

また、このサイトにはメンタルヘルス支援のための追加情報もあり、職場における精神的健康や病気の取り扱いに関するケーススタディも公開されています。

デジタルツールへ投資する王立財団

ウィリアム王子は2018年9月11日ツイッターにて
「我々は、メンタルヘルスの問題は隠さなくて良いと思わせ、また人の上に立つ人が対応の仕方を知っておける環境にしなくてはならない」と発信しました。

長い間、王立財団はメンタルヘルスへ関心を持っています。
昨年10月には、財団は英国全体のメンタルヘルス改善に役立つデジタルツールを開発するため、新しいスタートアップセットの構築に約260万ポンドを投資したと発表しました。
さらに、2017年11月、財団はネット上のいじめの防止に重点を置いた特別委員会を招集しました。
このグループは、デジタル環境で若者をサポートするための新しいオンライン行動指針を発表しました。

インターネットを使ったメンタルヘルス改善のため、積極的に活動するウィリアム王子。
新しいウェブサイトの効果と共に、今後の動きにも注目が集まります。

参考:https://www.mentalhealthatwork.org.uk/
ニュース元:mobihealthnews
https://www.mobihealthnews.com/content/prince-william-spearheads-online-toolkit-promote-workplace-mental-health

(Visited 2 times, 1 visits today)
Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です。 メディア事業も行っております。

Comments are closed.