Medtronic、小型で安価な継続血糖値モニターの開発にQualcommをパートナーに

0

Medtronic社は、Qualcomm Life社と共同で2型糖尿病患者のために、新世代の小型で安価な継続血糖値モニター (CGMs) を開発することを発表しました。この新しいパートナーシップはQualcomm Life社の専門技術を活用し、現在利用されているCGMsよりも小型で使いやすく安価なCGMsの開発を目的にしています。

糖尿病治療を変えていきたいという思い

新たに開発されるデバイスは、使い捨てタイプになる可能性もあります。
Medtronic社のバイス・プレジデントで非強化糖尿病治療のジェネラル・マネージャーを担当するLaura Stoltenberg氏は、「糖尿病患者がより大きな自由を得て、より健康的な生活を楽しめるように糖尿病治療を変えていきたい」とコメントしています。

パートナーシップで広がる可能性

今回のようなパートナーシップは昨年、DexCom社とGoogleのライフサイエンス部門(現在はVerily社)が締結しています。すでに10セント硬貨程度の大きさで、現行のCGMsより安いデバイスを開発したと発表しました。
このデバイスは1型糖尿病患者だけではなく2型糖尿病患者も対象としています。
Qualcomm Life社は、ここ数年いくつかの大手医療企業と協力して実験的なデバイスを開発してきました。その中には、製薬会社のロシュやノバルティス、GSK、薬局チェーンのウォルグリーン、医療保険会社UnitedHealthcareも含まれているようです。

Reference  http://mobihealthnews.com/content/medtronic-taps-qualcomm-build-smaller-cheaper-continuous-glucose-monitors

Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です!

Comments are closed.