患者向けSNS「Patients Like Me」、ドラッグストアと提携、医療機関の教育にも活用

0

PatientsLikeMe.comは、患者さん同士のコミュニティーサイト。同じ病気の人たち同士で各々の治療状況や検査結果などが共有でき、それらの情報はセルフマネジメントにも役立てられています。このサイトを運営する米PatientsLikeMeは、製薬会社をはじめ提携先を拡大しています。

拡大する提携先

●case バイオテクノロジー企業の米Biogen Idec
多発性硬化症の患者さんを対象に、Fitbitのウェアラブル端末で日々の活動量を調査し、治療にいかす実験的調査を行っています。
●case 英AstraZeneca
医薬品の研究開発のために複数年契約を結んでいます。
●case ドラッグストアチェーンのWalgreens
Walgreensのサイトで、PatientsLikeMeに寄せられた、実際に薬を服用した患者さんの副作用情報が閲覧できます。

医療機関側の教育にも活用

大学附属病院や各種医療事業体から構成される、ボストンに拠点を置く非営利組織Partners HealthCare とも取り組みを始めています。
今年中にも、Partners HealthCare の患者さん向けポータルサイトPartners Patient Gatewayから、PatientsLikeMeに参加できるようになるとのことです。それにより患者さんの健康状態や治療への関わり方、治療満足度などを幅広く調査し、医療チーム側の教育につなげていく狙いです。
またPartners HealthCareの医師は、PatientsLikeMeにあるデータを参考にすることで、患者さんや支援者へより的確なサポートができるようになるメリットもあります。

患者さん主体の最適な医療を提供していくには、PatientsLikeMeのようなオンラインコミュニティーの存在価値はますます大きくなりそうですね。

Reference  http://medcitynews.com/2015/05/patientslikeme-partners-with-partners-for-patient-engagement/

Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です!

Comments are closed.