飲み込んで測る!腸内ガスを測定できるカプセルが誕生

0

オーストラリアのRMIT大学とモナッシュ大学の研究者が、飲み込むことで腸内のガスを測定できるカプセル、Swallowable Sensorを開発しました。

特定の病気の生体指標となる細菌の同定に期待

腸内細菌の生態がまだほとんど解明されていないように、この技術がどのような可能性を持つかはまだ分かっていません。しかし、私たちの体内にある細菌の多様性は、健康のために非常に大きな意味を持っています。この新開発のカプセルは、特定の病気の生体指標となる細菌を同定するために役立つかもしれません。
カプセルには、ガスセンサー、マイクロエレクトロニクス、スマートフォンのような外部受信機に測定値を送信するための無線送信システムが含まれています。動物の体内で実験を行っており、安全性と有効性の証明がされています。腸内のガスをサンプリングした結果を、体外の無線受信装置に継続して送ることもできました。

Reference  http://www.medgadget.com/2015/03/swallowable-sensor-measures-gases-inside-gut.html

(Visited 354 times, 1 visits today)
Share.

About Author

Medinew 管理者

20周年を迎える、医療用医薬品専門の広告代理店です。 メディア事業も行っております。

Comments are closed.