社会変革活動支援!あなたの一票で社会や医療が変わる

0

Change.orgとは、慈善活動や社会を変えるための様々なキャンペーンへのオンライン署名収集および届け出を中心とした社会変革活動支援を行うソーシャルプラットフォームです。2007年にアメリカで設立され、今では日本でも話題に本日は、そんなChange.orgの注目記事を3つ厳選してご紹介します。

Case1:前立腺がん「検診無料クーポン」の実現を求める署名

日本

prostate cancer

現在、厚生労働省の方針「がん検診推進事業」により「子宮がん」「乳がん」「大腸がん」などは、「検診無料クーポン」を使い無料で検診が受けられます。しかし、女性特有の「子宮がん」「乳がん」が無料検診の対象となっているにもかかわらず、男性特有の「前立腺がん」は無料検診の対象となっていません。アメリカでは男性がかかる「がん」の第一位が「前立腺がん」です。近年日本でも食文化の欧米化に伴い急激に「前立腺がん」の患者数が増加しており、男性では「肺がん」につぐ罹患率が高いがんです。1975年で約2400人だった患者数が2006年には2万3000人になっており、2020年には3倍の8万人になると予想されています。「前立腺がん」は初期には自覚症状が殆どないため、早期発見が難しく、死亡率・罹患率は増加傾向にあります。このように、近年増加している「前立腺がん」の「検診無料クーポン」を実現するために皆さんの声を集める活動が行われています。集めた署名は厚生労働省へ届けられます。

Reference
https://www.change.org/p/%E5%89%8D%E7%AB%8B%E8%85%BA%E3%81%8C%E3%82%93-%E6%A4%9C%E8%A8%BA%E7%84%A1%E6%96%99%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%B3-%E3%81%AE%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E7%BD%B2%E5%90%8D

 

Case2:Medical Innovation Bill
医療改革運動

イギリス

現在の法律では、医師が新しい治療法に踏み切ることが難しく、たとえ従来の治療法に効果があまり期待できなくても従来の治療法を使わざるを得ない状況にあります。そこで、イギリスの保健省にこの状況について考えてもらおうという運動が、「医療改革運動」です。この運動の主催者たちはMedical Innovation Billとして活動しており、イギリスの公共放送局であるBBCでも取り上げられました。

↓BBC取材映像

Reference  https://www.change.org/p/support-the-medical-innovation-bill

 

Case3:Tell USDA to STOP Using Pink Slime in School Food!
学校給食にピンクスライムを使わないように米国農務省に訴えかけよう!

アメリカ、テキサス州

pIeZeZNhteuHVDs-580x326-noPad

「ピンクスライム」は水酸化処理されているくず肉や結合組織の混合物で、アンモニアが含まれていることでも知られています。この「ピンクスライム」はアメリカの学校給食で使用されていますが、病原菌である大腸菌やサルモネラ菌も見つかっているため、こどもたちが「ピンクスライム」を食べることは危険であると考えられています。以前、政府で働いていた微生物学者も、政治的な理由のために、「ピンクスライム」の安全上の問題点が無視されてしまっていると話しています。また、マクドナルドやバーガーキングなどの有名ファーストフード店も、「ピンクスライム」の安全上の問題を懸念して使用を中止したと言われています。このような学校給食に「ピンクスライム」を使わないようにする活動も行われています。

Reference  https://www.change.org/p/tell-usda-to-stop-using-pink-slime-in-school-food

あなたの一票で社会や医療が変わるかもしれません。

Share.

About Author

仁科早貴

福岡県出身。歯学部在学中。医療系Webサービスや歯ブラシの開発を手がける。一般社団法人ふくろうの会理事。(株)医薬情報ネット勤務。growth hacker.

Comments are closed.