魚の皮を使ってキズを治す?!「Kerecis Omega3」

0

アイスランドで開発された「Kerecis Omega3」。これは、魚の皮に含まれる脂質とタンパク質によって、体の損傷した組織の再生を助けるという驚くべきものです。既に臨床的に使用されていて、例えば足の潰瘍、そしてヘルニアまでもが治療できたという報告があります。これを開発した、Kerecis社は、2009年に医療機器/バイオテクノロジー企業として誕生したベンチャー企業です。

Vara7_Kerecis_500x280

人間の皮膚と変わらない品質を実現

魚の皮から独自の脂肪酸を抽出し、様々な皮膚の炎症をおさえるという特許を取得していて、アメリカ食品医薬品局(FDA)にも承認されているようです。この「Kerecis Omega3」を使って足の潰瘍を治療したという、アメリカ、インディアナ州のDr.クリストファー·ウィンターズは、「これを使って治った傷跡は本来の人の皮膚と変わりなく、しっかりとした皮膚として元通りになる」と語っています。

Winters_IMG_4640_235x225
この技術が日本でも一般的になれば、更なる治療の選択肢が広がりそうです。

Reference  http://www.kerecis.com/technology

Share.

About Author

仁科早貴

福岡県出身。歯学部在学中。医療系Webサービスや歯ブラシの開発を手がける。一般社団法人ふくろうの会理事。(株)医薬情報ネット勤務。growth hacker.

Comments are closed.