注目ベンチャーによる、脳トレ?リストバンド?デジタル錠剤?

0

アメリカにはデジタルヘルス専門のシードアクセラレーターがあります。その名もRock Health。今回はこのRock Healthが今最も注目し、投資しているベンチャー企業をご紹介します。

注目のデジタルヘルス系企業、10社

Rock healthは、次の質問に対して10社の名前を挙げました。

WHAT DIGITAL HEALTH COMPANIES WILL IPO NEXT ?
(次のIPOであるデジタルヘルス系企業は?)

※IPO:「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。 株式上場に際し、通常は新たに株式が公募され、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。 これらの株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。

  1. PRACTICE FUSION
  2. PROTEUS
  3. ZOCDOC
  4. LUMOSITY
  5. FITBIT
  6. EVOLENT HEALTH
  7. FLATIRON
  8. 23&Me
  9. DOXIMITY
  10. HEALTH CATALYST

今回は、これらの会社で取り組んでいるHOTな事例を3つ厳選してご紹介します。

 

CASE 1 :LUMOSITY

lumosity

プライベートエクイティファンドを手がけるKunal Sarkarが、スタンフォード大学で脳科学を研究していたMichael Scanlonと共同で立ち上げたベンチャー企業Lumosity

Lumosityが開発したブレイン・トレーニング・プログラムは、脳の働きを「Speed」「Memory」「 Attention」「Flexibility」「Problem Solving」といった5つの領域に分け、それぞれの働きを改善するためのトレーニング・ゲームです。全部で40以上のゲームが用意されています。また、世界に4000万人のユーザーがいる点も注目です。

 

 CASE 2 :Flex by FITBIT

simple_b-dis-png_he2e3da70d98b34b28ddbee568cbd794c

Flexは歩数、距離、消費カロリーといった日々の活動量に加えて、睡眠時間や睡眠サイクルの記録も可能な、目覚まし機能も備えたリストバンド型の活動量計です。親指の先ほどのトラッカーと言われるセンサーと、リストバンド、留め具の3点で構成されています。日本国内ではソフトバンクの「SoftBank HealthCare」の専用デバイスという位置づけ。月額525円の有料サービスです。Fitbitの提供するサービスとは同期できませんが、「SoftBank HealthCare」の専用アプリケーションと同期することで独自のサービスを利用できます。

 

CASE 3 :Helius(デジタル錠剤)by PROTEUS

edible-sensor

Heliusは、1mmのマイクロチップで出来たセンサーが付いた、「デジタル錠剤」。患者さんが服用すると、患者さんの皮膚に貼っているパッチを通して、体内の情報(心拍数、体温、活動に関するデータなど)が医師に送られるというシステム。このデジタル錠剤は現在のところ、人体に薬理的な影響を及ぼさない成分で作られた「プラセボ(偽薬:ぎやく)」と共に使用する場合に限ってアメリカ食品医薬品局(FDA)から承認されています。

錠剤に付けられたセンサーはシリコンチップでできており、微量のマグネシウムと銅が含まれています。患者が錠剤を飲みこむと、錠剤は消化液に反応して、電圧を発生し、患者さんの皮膚に貼られているパッチに信号を送ります。さらにそのパッチが、受け取った情報を医師が持つ電子機器に送るという仕組みです。Bluetoothを利用して情報をスマートフォンで管理することも考えられているようです。

このデジタル錠剤は、例えば「おじいちゃん、今日はあの薬を飲んだかな?」と心配する家族や介護者にとっても、その薬の服用時の長期データを取りたい医師や研究者にとっても嬉しいものになりそうです。

2014.11

Share.

About Author

仁科早貴

福岡県出身。歯学部在学中。医療系Webサービスや歯ブラシの開発を手がける。一般社団法人ふくろうの会理事。(株)医薬情報ネット勤務。growth hacker.

Comments are closed.